結婚式の出費は大きい!夫婦で工夫して節約結婚式

私たち夫婦は結婚式をすると決めたとき、貯金が50万円でした。

わたしは退職したばかりで、少しばかりの退職金を切り崩して住民税や奨学金の返済にあてており、夫は働いていましたが高給とはいえず、決して贅沢はできない生活でした。

そんな私たちでも住んでいるのがたいそうな田舎のため、入籍後は、式はいつだと会う人会う人に言われ、「しない」という選択ができずに挙式・披露宴をおこなうことをしぶしぶ決断しました。

結婚式当日はご祝儀やら会費やらを列席者からもらえますが、問題は式までの出費です。

結婚式なんて、どなたも一生に一度のことが多いと思いますので、私も知らなかったのですが、準備の段階でいろいろと諭吉やら英世やらが飛んでいきます。

当日の飲食や演出でドカーンと出費があるのは当然のこと、準備でも地雷のごとくドッカンドッカンと出費がかさんでいました。

みるみる減っていく通帳残高に恐怖がつのった私は、徹底的に「節約」を心に決めました。

ほんとは、お祝い事にケチケチ言いたくありません。

けれど、身の丈に合ったお金の使い方というのも大事だと思ったのです。

私が節約を試みたものは以下のとおりです。

・筆耕代

(招待状の宛名書きをプロに頼むと100円/通かかったので、自分たちでやった。筆ペン300円程度)

・貸しアクセサリー

(ティアラやイヤリングなど、アクセサリーのレンタルパックが3万円だった。買ったほうが安いと思って利用せず。もともとキラキラ系のアクセが似合わないタイプでもあったのでピアスと花飾りだけ購入。一万円くらい)

・ドレスインナー

(式場専門の業者から買うと3万だったが、中古をメルカリで8,000円で購入。特に問題なかった)

・ブーケ

(式場からは「ウェディングドレス用とカラードレス用2つ用意してください」と言われたが1つのみ買って兼用とした。どちらにも似合うデザインを探しまくった。結果:ブーケなんて誰も見てない)

・キャンドルサービス

(一卓1,000円とかやたら経費がかかるわりに大して意味のないイベントだと思ったのでカット。代わりに各卓フォトサービスをやったら思い出も残せて大成功)

・カメラマン

(式場の専門カメラマンが高すぎたので外注。持ち込み料が32,400円(!!)かかると言われたので、フェイクの席を作った。その分を足しても外注のほうが安かった。)

などなど。

お金がありあまるほどにあったら、こういった節約はしなかったかもしれません。

でも節約して思ったのは、全体的に価格設定が高いと言われるブライダル業界が設定する値段には「手間賃」も入ってるんだな、ということ。

節約するということは、そのぶん、手間をかけるということなのですね。

メルカリで取引したり、好みのブーケをネットで探したり、外部のカメラマンと電話で打ち合わせしたり。

手間をかけることは、時間や労力をとられることであり、確かに仕事が忙しい人や式場が住まいから遠い人は、そういう「手間」を式場にお金を支払うことで代わりにやってもらっているんだな、と感じました。

私は主婦だったので、手間をかけて、節約することができました。

お金がなければ手間をかけろ! そんなことを学んだ結婚式でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です